手紙で思い出したけど

近所に暑中見舞いを送ろうと考えていたけど、暑中か残暑か微妙な時機だった。
調べてみると、今年の立秋は8月額7お日様とのこと。
思い立ったのが8月額毎日だったので、即日に出せば間際暑中の範囲で届いただろう。
けれどもなんだか慌しい気がしたので残暑にすることにした。

普段からまめに連絡を取り合って掛かるわけではないので、そうしてちょこちょこ手紙を出すとなると何かと埋め込みたく向かう。
論文の詰めは掴むのが一大ので、からきし多すぎないようにするんだけど。
同封やるオマケにテンションが入り過ぎて、結局手紙では収まらなくなり、軽々しい郵便になった。
使い勝手のいい文房具や、メタル製のしおり、好みで買いそろえてる小っちゃいガラス加工や、夏季くさい役職カードなどペラペラ。
驚いていただけるかな。
手紙で思い出したけど、近所から貰った手紙って普通はどのくらい保管してる物品なんだろう?
最初通二通からには置いといても良いだろうけど、大量にあるといった置き場所に参るんだ。
ミカン器二器と言えば少々その容量が分かってもらえるとおもう。
しかも最初通当たりの容量がまたエグイ、中に札束も入ってんじゃないかってくらいの厚みがある。
しかもワードは薄く、びっしりと書き込まれているのでよむのがちゃんとハード。

気合を入れて書いてくれたのは喜ばしいんだけど、もうちょっと読みやすいワードサイズって容量を考えてくれたらいいのになと思ってました。